お義父さん車をどこに置いてきたの? ・・・わからん。。。

最近  ダブルケアって言葉があるけど
私が最初の結婚で子育てと介護してたのは
29年前の23歳からだったので
ダブルケアなんて言葉もなかったし
介護保険さえまだなかった頃でしたしね~
 
 
私が21歳で結婚して同居した時に
舅は63歳だったけど脳梗塞で倒れ
まだら認知症のような状態になったものの
それまでバリバリ運転していたから
少し歩けるようになると
いつのまにか車に乗って出かけ
お酒のおつまみのお刺身を買って
帰ってくることがしばしば  ガーン
 
だだ  車で出かけたのにタクシーで帰ってきて
「お義父さん  車どこに置いてきたの?」
「・・・わからん。。。」
ってことが何回もあり
慌てて車を探しに行くということに   笑
 
思い出せば笑い話だけど
当時は事故しなかったことをホッとしていました
65歳すぎてまた脳梗塞になり
その頃からおしめが始まったけど
身体が大きくて力も強かったので
よく寝ながらおしめ外したり
ヨチヨチ歩きながら  おしっこもらしたりと
もちろん大の方もしばしば    叫び
とにかく大人しくしてくれないので
バケツを持ってついて回ってたこともありました
 
そんな時  たまたま遊びに来ていた小姑から
「子供の教育に良くないから
どこでもオシッコさせんといて」って
言われたりもして
「じゃあお義姉さんが一緒に住んでみたら?」  って
思ったこともありましたけど
言っても解決しないことは
時間がもったいないので言わないのが
当時の私でした   笑
 
私が24歳で長男を産み
離乳食食べさせながら  舅の口にご飯入れて
また
息子のオムツ変えて  舅のオムツ変えてと
姑と一緒に介護してたとは言え
舅が亡くなるまで10年の間に
子供は4人になったし
阪神淡路大震災の年に舅が亡くなっ時には
お腹に娘を妊娠しながら  葬儀屋さんの手配や
お通夜やお葬式を仕切ってたし
忘れられないのは
その間  ずっと出血していたけど
「おじいちゃんの介護をずっとしてきたし
きっとおじいちゃんが守ってくれるから
流産するわけない」って思いながら
こなしていたことでした   照れ

産み分けしていたので  女の子だと確信していて
絶対に流産したくなかったので
自分にしっかり言い聞かせながら
まわりには出血していることは悟られずに
お葬式までの3日間をこなしてから病院に行き
心音を確認した時はさすがに涙が出ましたね
「生きててくれてありがとう」 ですよ 照れ
 
そして娘が産まれて数年後には
姑が脳梗塞で倒れたので
また介護始まったんですけど
この時は要介護5を認定してもらえ
しかも障害者手帳もいただけたので
ふるに活用させていただきました
ただ
舅の介護はできたけど  
姑の介護は感情的に無理だと思っていた私は
 
「もうお義母さんの介護はみんなでして下さい」
と  元夫の兄や姉に話して
「わかった  もうあなたはしなくていい」と
言ってくれたはずなのに
誰一人面倒を見に来る人はいなくて
(私は末っ子の嫁で同居してたので)
結局  私がヘルパーさんに助けてもらいながら
一人で介護するはめに
 
あ~  子育ての話もたくさんあるけど
介護の話もたくさんありすぎて
今  子育てしてる人  介護してる人
ダブルケアしてる人たちに
お話できたら参考にしてもらえるかと思うこと
たくさんあるんだけど
まず  まとめることからしないとね    笑
なんか最近よく思い出すので
そろそろいろいろ発信していく時期なのかなって思い始めてます  
人気ブログランキング 生き方 バナー
人気ブログランキング 育児 バナー
にほんブログ村 子育てブログバナー
にほんブログ村 家族ブログバナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す